無農薬栽培ブルーベリーの「ショウジョウバエ対策」 vol449

ブルーベリー
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

YouTube動画をみる

ブルーベリーの最大の害虫は何でしょうか?

私は「ショウジョウバエ」だと考えています。

ショウジョウバエ(オウトウショウジョウバエ)は、あらゆる果実に被害がありますが、ブルーベリーも例外ではありません。

オーガニックな環境でブルーベリーを栽培するために工夫していることについて書いてみました。

梅雨時期に熟期がかかるブルーベリーの品種は栽培しない

ブルーベリーの森あづみので、栽培しているのはラビットアイ系のブルーベリーがメインとなります。

これには、私がラビットアイ系が好きなのと、「ど根性栽培」という栽培方法なども理由ですが、

もう一つの理由としては原則、「梅雨時期に熟期がかかる品種を栽培しない」ためです。

ショウジョウバエの被害は梅雨時期に多く発生し、梅雨があけて湿度が低くなると、パッとなくなります。

長野県安曇野市でラビットアイ系ブルーベリーを栽培すると、8月上旬から熟してくるので、基本的に梅雨明けからの熟期になります。

これだけでも、ショウジョウバエの被害をほぼ防ぐことになります。

過熟となったブルーベリーの実をまめに落とす

(↑過熟や割れた実などはこまめに落とす)

ショウジョウバエは過熟(熟しすぎ)の実に産卵するため、過熟となった実や傷ついて潰れたブルーベリーの実はこまめに落とします。

また、地面の上は、クモやアリ、ゴミムシ類などの天敵がたくさん住んでいるので、地面に落ちた実にショウジョウバエが卵を産んでも、ほとんど食べられてしまうのではないかと思います。

雨で割れてしまった実なども、ハチを呼ぶこともあるので、こまめ除去しています。

下草をほどよく刈り風通しをよくする

前述のとおり、ショウジョウバエは、湿度が高くじめじめした場所を好みます。

このため、ブルーベリー付近の下草などの茂みが深いと発生する恐れがあるため、下草をほどよく刈り、風通しをよくします。

下草は天敵の住処や地面や根の乾燥を防止してくれるので、ほとほどに刈ることが大切です。

茂みが深すぎると、ハチが巣をつくりやすくなったりもするので、ハチ予防にもなります。

まとめ

まとめますと以下のようになります。

  • 梅雨時期に熟期になる品種は原則栽培しない(ラビットアイ中心)
  • 過熟な実や割れた実などをこまめに落とす
  • 下草が茂りすぎないように適度に刈りこむ

ショウジョウバエは無農薬栽培では、かなりネックとなる害虫だと思いますが、時期や環境を整えることで、対策をしています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました