ぶどう棚を作っています①~設計&基礎設置~ vol184

脱サラ・農起業
スポンサーリンク

脱サラした元地方公務員、現在はブルーベリーをメインに果樹や野菜の栽培と作物エンターテイメントを仕事にしています。神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz))です。

農園は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

ブルーベリーの森あづみのでは、ブドウを少し栽培しています。

人気のシャインマスカット・・・ではなく「ナイヤガラ」という、今ではややマイナーな品種です。

現在ではワイン用になることが多く、生食ではほとんど出回っていません。

独特の香りと、甘味があり、病気にも強いですが、実が柔らかく、流通に不向きなためです。

実は私が子どもの頃はよく食べていた懐かしいブドウなのですが、産地の近くに住んでいたため、例外的に多く流通していたようです。

どうせなら、ここでしか食べられないものを作ろうという思いと、無農薬で育ててみたいと思いから・・・ナイヤガラの無農薬栽培にチャレンジしています。

この記事では、ブドウ棚作りの様子について書いてみました。

ブドウ棚&レストスペースです。

ブドウは夏に葉がかなり茂るため、ちょうど良い日陰ができます。

そのため、木陰レストスペースとしても計画しています。

ブドウ棚は2か所、そのほかにアケビ棚を1か所計画しています。

(↑イメージ図。息子作です)

基礎づくり

単管パイプでメインの構造を作り、メインの部分意外は竹の利用を考えています。

既製品のコンクリート基礎と、前々作のときに使われていたコンクリートの基礎廃材を利用します。

基礎の施工手順

幅40cm深さ30cmほどの穴をほります。

土の床付面を落ち着かせるため、「たこ」を使って、つき固めます。

基礎が沈まないように石を投入します。石は農園にあったものです。

砂利を入れて、石の隙間を埋めます。砂利は近くの河原から採取しました。

砂を入れてます。砂は基礎が水平に設置できるよう調節するためなので、薄くても大丈夫です。一般的にはモルタル(セメント&砂)を使うことが多いですが、直下に作物があり、地下水の汚染を防ぐため、今回はセメントは使用しませんでした。

最後に全体を突き固めます。

基礎が水平になるように砂で調節しながら設置します。棚全体の水平はパイプの高さで調節します。

次回は、パイプの組み立てです。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ぶどう棚を作っています②~パイプの組み立て~  vol185
脱サラした元地方公務員、現在はブルーベリーをメインに果樹や野菜の栽培と作物エンターテイメントを仕事にしています。神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz))です。農園は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの...
ぶどう棚を作っています③~「竹」を利用したアミアミ部分の組み立て~  vol186
脱サラした元地方公務員、現在はブルーベリーをメインに果樹や野菜の栽培と作物エンターテイメントの仕事しています。神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz))です。農園は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」...
ぶどう棚を作っています④~棚の下に「積層マルチ」をつくる~  vol187
脱サラした元地方公務員、現在はブルーベリーをメインに果樹や野菜の作物エンターテイメントの仕事しています。神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz))です。農園は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といい...

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました