エコトイレ「アグリレット」使用8カ月後のレビューです vol299

おすすめ商品
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

YouTube動画始めました☆

ブルーベリーの森あづみのでは、エコトイレ「アグリレット」を採用しています。

排泄物を酵素により液肥にして処理するトイレです。

設置してから8カ月、観光農園もオープンし、お客様にも使っていただきました。

その後についてレビューしてみたいと思います。

気温が上昇しても臭いは目立ちません、アグリレット

一番使用していたのは、8月9月とかなり気温の高い時期でした。

しかし、気温が上昇してもアグリレットは臭いはあまり目立ちません。

冬から春の時期と比較してみると、少し臭いを感じる時もありますが、アンモニアのイヤな臭いは全くしないため、個人的には許容範囲だと思います。

観光農園でお客様にも使っていただきましたが、臭いが気になるという意見は確認できる範囲ではありませんでした。

特に、お子さんはそのあたりは正直なので、臭いが気になるのであればそういう声が聞こえてきそうですが、そういった声も特にありませんでした。

あえて言うならば、月の中での臭いの変化は少しあるかもしれません。月一回ペースで投入する酵素(消化&消臭)の効果が月末にいくにつれて、少し弱まるからかもしれません。いずれにしても、許容範囲だと考えています。

基本的なメンテナンスは、消化酵素と消臭酵素を月一回、水に溶かして、流し込むだけです。

汚れが落ちやすい

(↑便座は陶器製で汚れが落ちやすい。)

アグリレットの便座は陶器製なので、樹脂製の便座と比べると汚れが落ちやすいです。

掃除が楽なのは以外なメリットでした。

基本的に水洗いだけでOKでした。

小さなお子様の使用について

便座は少し低めかつ小さめなので、小さなお子様でも使いやすいと思います。

また、室内はけっこう明るいので小さなお子さんが室内が暗くて怖い~ということはないと思います。

だだ、ポンプをわりとしっかりと踏まなくてはならないので、小学生未満の小さなお子様の場合は、流すのが少し大変かもしれません。

しかし、実際には小さなお子さんの場合、トイレに親御さんが一緒にいくことがほとんどだったので、あまり心配ないように思います。

総合的にみて、お子様でも使いやすいと思います。

アグリレットの室内の夏の暑さはどうか?

(↑採光は良好で、室内は明るい。その分、日差しの暑さの影響を受けやすい。)

アグリレットの室内は、かなり光が入るので、明るく感じます。

一方で、夏の暑い日差しにより、室内が暑くなることがあります。

そのため、充電式の扇風機を設置したほか、グリーンカーテンとしてアサガオなどを側面に植えました。

扇風機は、ちょうど感染症対策の換気にも役立ちました。

扇風機などで十分対応できますが、真夏はこのような対策が必要になります。

夏の暑さ対策は必要

アグリレットの液肥浸透部分の花壇の様子

(↑当初の花壇)

液肥投入部分には植物を植えます。最初は、ペチュニアや千本菊などを植えましたが、雑草に負けてしまい、一部のペチュニアが枯れてしまったので、途中からコスモスを植えたりしました。

花壇部分は木材チップや紙マルチで覆いましたが、やはり雑草も侵入してくるため、花壇を維持するためにはそれなりにメンテナンスが必要だと実感しました。

(↑8カ月後、菊は残りましたが、少しさみしい感じになってしましました。)

液肥のおかげか、雑草の生長もより強力な気がしました。

来年はきれいな花壇を維持できるよう、もうちょっと手入れをしたいと思います。

その他気になったこと

少しだけ気になったことは、意外と砂ぼこりが入ることです。

通気性がいいとも言えますが、シーズン中は毎朝、軽く掃き掃除していました。

また、カエルとかコオロギが迷い込んでいるときがありました。

それ自体は大したことでないのですが、お客様がびっくりするといけないので、それも時々チェックしてました。

いずれにしても、定期的な掃除などで対応できる範囲です。

アグリレット8カ月後とメリットデメリットのまとめ

アグリレットを使い始めて8カ月後ですが、

まずは臭いが気になりません。

ラベンダーのポプリや備長炭なども設置しましたが、必要がないくらい匂いません。

お客様にも使っていただいた感触も良好で、仮設トイレをイメージされている方は臭わなくて驚いていたことありました。

地面に基礎無しで設置しているため、沈下などの可能性もあると心配しましたが、かなり雨が降っても沈下もありませんでした。

掃除などもしやすく、大変なメンテナンスはありません。

いまとのころ、特に問題はなく、優れた商品だと思っています。

これから冬場に向かいますが、引きつづきレビューしていきたいと思います。

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(アグリレットのメリット)
・基本的に汲み取りが要らない
・電気や水の無い場所でも設置できる
・消化酵素で分解、液肥として利用するため環境負荷が少ない
・組み立てが簡単(大人2人で1日~1.5日)
・臭わない
・子どもでも使いやすい
・汚れが落ちやすく掃除しやすい
アグリレットの注意点)
・粘土が多い場所や締め固めた場所など浸透しにく場所には使えない
・地下水位の高い場所には設置できない

・農地以外には設置できない
・真夏は暑さ対策が必要
・砂ぼこりなどが入るので定期的に清掃する
・液肥浸透部分の花壇などは手入れもそれなりに必要
アグリレットはこんな人におすすめ
・農地にトイレを設置したい(特に女性が多い場合)
・子どもが使いやすいトイレを設置したい
・観光農園に設置したい
・環境にやさしいトイレを農地や観光農園に設置したい
 
 
 

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました