GWにブルーベリー植樹祭をやりたいと思います vol240

脱サラ・農起業
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

昨年、新たに農地をお借りすることになったため、今年春に追加でブルーベリーを植えたいと思います。

品種などがだいたい決まってきました。

そして、今年は、一部を『植樹祭』という形でイベントをやりたいと考えています。

新たに5品種170本のブルーベリー

今回、加えようと思っているのは、

フェスティバル、エッセル、デライト、パウダーブルー、バルドゥインの5品種です。

いずれも、ラビットアイ系の品種です。

そのほか、今まで少し少なかった、ノビリスとブライトブルーを追加しています。

今回追加となるのは約170本で、

農園の合計では約600本、15品種になります。

私のブルーベリーの師匠の江澤貞雄さんにも、アドバイスをいただき、選定しました。

GWに『植樹祭』をやります。

今年の植え付けは、一部を『植樹祭』にしたいと考えています。

少人数の予定ですが、ゴールデンウィークに開催予定です。

ブルーベリーを育てることや『ど根性栽培』※1 に関心のある方、安曇野の景色が好きな方、子どもと農作業体験したい方、お待ちしております。

親子参加大歓迎、無添加かき氷付き、トイレもできている予定です。

※1 エザワフルーツランド(千葉県木更津市)の江澤貞雄さんが提唱している栽培方法で、ブルーベリーに過度な干渉をせずに、環境に適応させその潜在能力を発揮させる栽培方法です。

誰かと作るワクワク

どうして、今回、植樹祭をやろうと思ったかといいますと・・・・

家族や友人やその他にも関心をもってくださる方と一緒に作ることで、よりうれしく、ワクワクするという発見があったためです。

昨年までは妻や子どもたちと一緒に農園づくりをすることもありますが、割合的には一人作業でやっていたことの方が多く、ちょっとひきこもり農業気味でした(笑)

しかし、最近、人との出会いや、背中を押されたりもしながら、

誰か作るワクワクも楽しみたい・・・という気持ちがより強くなってきたのでした。

また、詳細が決まり次第、告知させていただきます。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました