ネガティブも大切な自分~「すみっコぐらし」から考える~ vol208

脱サラ・農起業
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

今回は、農園や農業とは全く関係ないお話です。

けっこう前から子どもたち(&妻)がすみっコぐらしというキャラクターたちに、はまっています。

子どもたち(と大人たちにも)には大変人気のあるかわいいキャラクターですが、

かわいいだけではなく、「ちょいネガティブ」なところにも特徴があります。

実は、私が大切にしているテーマ「ありのままに生きる」というヒントが見えてきます。

すみっコぐらしとは?

ご存じの方も多いと思いますが、「すみっコぐらし」は、サンエックスのキャラクターです。

キャラクターデザインはサンエックスのデザイナーの横溝友里さんで、日本人の「すみっこが好き」という気持ちをテーマに作られたキャラクターです。

2019年では、年間200億円を売り上げ、現在も大ヒットしています。

小学校4年生以下の女の子を対象とした「好きなキャラクターランキング」でも1位を獲得しています。

オトナにもささる「ちょいネガティブ」なメッセージ性で大ヒット

何故ここまでヒットしたのでしょうか?

すみっコぐらしのキャラクターは、恥ずかしがりやのネコ、さむがりで北から逃げてきたしろくま、食べ残されてしまったとんかつのはじっこ、エビフライのしっぽ、飲み残されたタピオカ・・・・

みんな、なんだか「ちょっとだけネガティブ」です。

でも決して、その「ネガティブ」を克服しようなんて思ってもいません。

人間は、ポジティブな自分とネガティブな自分を必ずもっており、日々の生活の中でそれらの存在を感じています。

「そうは言っても、できないこともあるよね~」とか「怖くてできな~い」ということは日常の中でたくさんあるのだけど・・・

人前ではカッコつけたり、本音と建て前があったりすることも、よくあります。

ネガティブだけど素敵なキャラクターをみて、ネガティブな自分も認められているような気がして、安心することができる・・・

これが、大人にも子どもにもささる要因ではないでしょうか。

まとめ

教育や自己啓発などの分野でも「前向きに」とか「ポジティブ」を強調したいた時期があったように思えます。

よく考えてみると、かなり不自然なことであり、

「陰陽一対」。

必ず、光と影があるのに、影の部分だけを追い出すことはできません。

不自然な締め付けや、ありもしない理想の生き方・考え方が、大人も子どもも追い詰めてしまう。

自分の中のネガティブを、すみっコぐらしが、代弁してくれる。

すみっコぐらしは、キャラクター数も多く、それぞれネガティブなポイントにも個性があり、皆で寄り添ってくらしています。

現実の世界でも、ネガティブな部分は個性があり、得意や苦手があり、それを補い合ったりしながら生活をしています。

私は、すみっこコぐらしの世界観は、より人間の自然な状態ではないかと考えています。

すみっコたちは「ちょっとだけネガティブ」だけど、決して、その「ネガティブ」を克服しようなんて思ってもいません(っていうか怖くて、なかなかできないみたい?)。

人間もそんな感じでいいのではないかと思っています。

今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました