ヘーゼルナッツの葉っぱがひらいてきた~春先のヘーゼルナッツ園~ vol417

ナッツ
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

YouTube動画をみる

昨年春に植えて、2年目をむかえるヘーゼルナッツの畑の春先の様子について書いてみました。

葉が開いてきた

昨年の春に植えたヘーゼルナッツの葉が少し開いてきました。

昨年も、ほぼ同じタイミングで開いてきたと思います。

今年は寒さが厳しい冬でしたが、寒さには強いヘーゼルナッツ、全く問題ありませんでした。

昨年は5月に入る頃に、少しドクガやハマキムシの発生が見られたので、注意してみていこうと思っています。

下層植生の変化

昨年は下層植生がやや、貧弱で、土壌がまだ肥沃になっていなかったと思います。

やせ地に多い、イネ科草本や、ヨモギなどが多く見られました。

今年は、カラスノエンドウなどが増えてきて、だんだんと肥沃になってきたことがわかります。

今シーズンはよく伸びそうな予感がしており、楽しみです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました