ブルーベリー栽培ですごく大切な「クモ」について~頼りになるハンター~vol373

ブルーベリー
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

YouTube動画をみる

ブルーベリーの森あづみのでは、無農薬でブルーベリーを栽培しています。

私がとりくんでいる無農薬栽培では、植物が健全な状態で生育することと、作物のまわりの生態系が機能すること(例えば害虫がいても天敵もいるといった環境をつくることなど)を大切にしています。

天敵の中でも「クモ」はかなり大切な存在だと感じています。

頼りになる天敵「クモ」

(↑ハナグモ。緑色をしているので少しみつけにくい)

クモ類は、様々な種類がありますが、どれも肉食です。

「害虫」と呼ばれる虫は基本的に「草食動物」なので、クモのような肉食系の虫が天敵ということになります。

巣をはるものや、歩き回りながら獲物をさがすタイプもいます。

(↑1本の樹に1匹以上はクモが住んでいます)

大小さまざまで、よくみると、同じような場所でも、微妙にすみわけて多種類がいることがわかります。

無農薬で育てているブルーベリーの樹を観察していると、一つの樹に少なくとも一匹以上のクモが住んでいるようです。

木材チップや草のマルチングをすることで、地面を歩きまわるクモも増えています。

(↑木材チップや草マルチでも地面を歩くクモが増える)

野菜を自然栽培で育てているときに、草マルチ(刈った草を敷いてマルチにする)をすると、ビニールマルチよりも、クモが増えるように思います。

(↑刈草でのマルチング。有機物のマルチングはクモを増やす)

無農薬でもブルーベリーに毛虫などの目だった被害がないのも、クモたちの役割は大きいと考えられます。

農薬に弱いクモ

クモは農薬に弱く、環境指標になるケースもあるようです。

以前、農業法人で働いていたときに、農薬を撒いたあとにクモが急激にいなくなっていました。

その時は、すごくもったいないと感じてしまいました。

栽培方法に正解があるわけではありません。様々な考え方があります。

しかし、少なくとも私は、クモの力をお借りして、栽培をしていく方が性に合っていると思っています。

まとめ

農業に限らず、クモは人間にとっては、実害となる部分はなく、かなりの益虫です。

蚊やハエなどもとらえてくれます。

見た目で嫌われていまうので、ちょっと申し訳ない気がします。

しかし、無農薬栽培では、本当にありがたい存在であることは確かです。

(参考資料)

虫といっしょに庭づくり(ひきちガーデンサービス、 築地書館)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(↓玄関現代農業2022年2月号(農文協)に 私の関連記事が掲載されました)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました