「ブルーベリー植樹体験イベント」の記念標柱をたてました vol253

記念標柱の画像 ブルーベリー
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

5月1日ブルーベリーの森あづみのにて、

ブルーベリーの植樹体験イベント」を開催しました。

そのときに、参加いただきました皆様に「植樹記念の標柱」に名前や絵を書いてもらいました。

先日、標柱を設置しました。

まずは、傷まないように下処理

標柱は、焼きの入った木杭を使いました。

軽く表面をあぶってありますが、地面に埋まる部分約40cmほどは、ガスバーナーで念入りに焼きを入れました。

表面が炭化することで、酸素が内部に入りにくくなり、木材が腐りにくくなります。

また、文字が書きやすいように、ディスクグラインダーで削った部分や、全体的にも、防腐塗料を2度塗りして、長持ちするようにしました。

個性があふれてます記念標柱

「名前でも、イニシャルでも、絵でも何でもOKです。」と言ったところ

「絵」多めです(笑)。

皆さんとっても個性があって素敵です。
(書き忘れてしまった、まだ書き足りないという方、いつでも書き足しOKです。)

地植えのブルーベリーの経済栽培の耐用年数は約25年と言われていますが、実際には50年以上生きている例もあります。

とくにラビットアイ系のブルーベリーは強靭で、私が2年前に植えた340本のブルーベリーは、1本も枯れていません。

今回、植えたブルーベリーは、きっと何十年も私と一緒にここにいます。

今回植えたブルーベリーの収穫は、2023年頃からになるのではないかと思います。

また、いつでも会いにきてくださいね。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました