「上空から見る」ブルーベリーの森あづみの vol271

脱サラ・農起業
DCIM100MEDIADJI_0063.JPG
スポンサーリンク

脱サラ元公務員、現在はブルーベリー&パーマカルチャーの農園をやっています 神崎辰哉(かんざきたつや(@ttykanz) )です。

農園の名前は長野県安曇野市、北アルプスの山麓で「ブルーベリーの森あづみの」といいます。

かんざきたつやのプロフィールページを見る

「ブルーベリーの森あづみのホームページ」をみる。

インスタグラムもやってます。

「ブルーベリーの森あづみの」は、今年8月2日よりオープンします。

ご予約は「幸せフルーツ工房 ブルーベリーの森あづみの」のホームページより受け付けております。

⇒ブルーベリー狩りの詳細はこちら

⇒ブルーベリー狩りのご予約はこちら

最近、友人たちに開園準備を手伝ってもらった時、ドローンでブルーベリーの森あづみのを撮影してもらいました。

今回は上空から見るブルーベリーの森あづみのを紹介します。

上空からみるブルーベリーの森あづみの

Aサイトです。

ブルーベリーの森あづみのはここから始まりました。

2019年にラビットアイ系ブルーベリーを330本ほど植えました。

2020年には、果樹ガーデンの果樹、ポット栽培していた北部ハイブッシュ系ブルーベリーの移植、ラビットアイ系ブルーベリーを40本ほど追加しました。

また、ブドウ棚などのレストスペースやハーブガーデンのキーホール型の植床をつくりました。

2021年には、ハーブガーデンのハーブを植えたり、エコトイレの設置、ガーデンチェアなどを設置していきました(パラソルはあと2つ設置予定です)

C、D、Eサイトです。

2021年にラビットアイ系ブルーベリーを170本ほど植えました。

Cサイトの44本は5月1日にブルーベリーの植樹体験イベントを開催しました。

レストスペースとハーブガーデンです。

まだハーブが小さい箇所は形がはっきりしていませんが、中央にティピー。それを中心にキーホール型の植床となっています。

下方には安曇野の景色が眺望できます。

Aサイト。2021年はこちらでブルーベリー狩りが楽しめます。

いかがでしたか。

実は、自分でも初めてみた上空からみるブルーベリーの森あづみのでした。

 

※「にほんブログ村」のブログランキングに参加しています。 よろしければ、画像をクリックしていただけるとランキングに反映され、励みになります。

にほんブログ村 ベンチャーブログへ

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました